たくさんの情報を集めどのように取捨選択をしていくのかが大切

アパレルショップの店員になりたいと思ったら、まずは自分の好きなブランドの求人が出ていないかをチェックする人が多いでしょう。
この作業はアパレルの求人を探す上でとても大切なことです。
引用元:RUNWAY

好きなブランドの求人情報を探すと、その他の求人にも目がいくようになります。
そして、自然と比較をします。
そこで初めて知るブランドがあったり、初めて目にするショップも出てくるでしょう。

求人情報というのは、どれだけたくさん集め、どのように取捨選択をしていくのかが大切です。
それを上手に行うためには「基準」が必要となり、自分が贔屓しているブランドやショップがあれば、それがこの基準となってくれるのです。

基準ができると、アパレル店員という仕事の現実を深く知ることになります。
給与や休日、勤務時間や残業などの現実とも向き合うことになるでしょう。

そうすると、自分が好きだったブランドで働くことが必ずしも最良の選択であるわけではないことに気がつく人も出てくるはず。
本当の意味でアパレルの求人を探す作業は、まさにそこからスタートするのです。

待遇が良くなくても「働きたい」と強く感じるならやるべき

他のブランドなどと比較した時、自分が好きなブランドのアパレル店員になる方が待遇が良くなかったとしても、それでも「やっぱりここで働きたい!」と強く思えば、その気持ちは本物です。

そこまで好きなのであれば、とことんこだわる価値があるでしょう。
他と比べて給与が低かったとしても、休みがあまり取れなかったとしても、やりがいだけは強く感じられるはずです。

アパレルショップの店員を目指すときには、このやりがいを重視するようにしてください。
必ずしも気に入っているブランドのお店で働くことにやりがいを感じるとは限りません。
さまざまな求人情報を見比べてみると、やっぱり給与が高いところがいいと感じるかもしれませんし、新たに気になるブランドと出会うこともあるでしょう。

一概にアパレル産業と言っても全てが同じわけではないので、自分にとって頑張り続けられるかどうか、この点にフォーカスしてお店を選ぶ必要が出てくるのです。

もっと言えば、「好きだから」という理由だけでは決めないこと、となるでしょう。
大切にしたい気持ちではありますが、理想と現実が異なるのが社会であり仕事というものです。
実際に働いてみないとわからないことも多々あるものの、現実にも目を向けながらRUNWAYなどのサイトでアパレル求人を探す必要があります。


アパレル販売員の苦労とやりがい

アパレル販売員のアミ

最近、どんな接客が正解なのかわからなくなっちゃったんだけど…
参考までに2人の意見教えてくれないかな??
こーゆー接客する店員さん嫌だなってある?

買い物大好きOLのユキ

えー!そんなのいっぱいあるよー!
まず、”ちょっと見てるだけなのにすぐ近寄ってきてすごい絡んでくる店員”!!
欲しいなって気持ちが一気に萎えるアレ!

新婚ホヤホヤのサトミ

あっ!それすごいわかるー!!!
近くでずっと絡んでこられると値札も見づらいし嫌だよねー!
可愛いなって思っても、値段みてどうしようかなぁって考えるわけじゃん?
なのにグイグイ絶対買えって感じで来られると、もうこの店きたくないなとすら思っちゃう!

アパレル販売員のアミ

そっかぁ。それはでも店員としては仕方ない部分もあるんだよね。
積極的に声をかける場合とかけない場合を比べると、やっぱり声をかけた方が購入に繋がることが多くてさ
積極的に話しかけないと上司に怒られたりしちゃう場合もあるんだよね。
でもお客さんからしたら、嫌と思うよねー。
私もお客さんに声をかけて「あっ、今ウザイって思われてる」ってわかる時あるもん。
声をかけるタイミングって難しいなぁ

子持ちのサトミ

まぁ、店側の売り上げに関係するだろうし、声をかけてくるのはわかるんだけどねー。
やっぱタイミングが大事だよねー。店入ってすぐ話かけられるのはちょっとなぁ…。

アパレル販売員のアミ

じゃあ、例えばどんなタイミングでなら声かけしてもウザイって思わないかなぁ?

買い物大好きOLのユキ

うーん、まぁ私の場合はだけど、可愛い服があったとして色が複数あった場合。
どっちも可愛いなぁ~って迷う時あるじゃん?どっちが似合うかな?とか。
そーゆー時って鏡の前で洋服を当ててみてもわかんないんだよね。
だからそのタイミングで、話かけてもらえると助かるなぁ。

子持ちのサトミ

そうだね!それわかる!
あたしなんてさ、子供産んでからめっきり流行がわからなくなっちゃって。
この間、久しぶりに子供を旦那に預けて自分の洋服を買いに行った時に、ユキが言ったみたいに複数の色で迷ったことがあったのね。
それでどうしよう、どうしようって悩んでたら店員さんが来て「お客様にはこちらの色がお似合いだと思います」って教えてくれて。
「お手持ちのお洋服は何色が多いですか?」って手持ちの洋服に合わせる事を考慮してアドバイスくれたの。
さらに「この色とこの色を合わせるとフェミニンな雰囲気で、この色とこの色だとカジュアルな印象になりますよ」って教えてくれてセンスいいなぁ!って思った。
あの時は、本当に助かったわー!
やっぱり、お客さんが困ってる時に自然に声かけるのがいいと思うなぁ。
見てれば困ってそうなのってわかるじゃん?

アパレル販売員のアミ

そっかー!確かにね。たまに”どちらを買おうか迷っててアドバイスが欲しいお客さん”に逆に声かけられる時あるなぁ。
「店員さんはどっちがいいと思いますか?アドバイスください」って。
そういうのを見逃さず、自然に私から声をかければいいのか!

買い物大好きOLのユキ

うん、そうだね!あと私も実際そうなんだけど、何度も同じ商品を気にするお客さんっているでしょ?
その時って高確率でその商品を買おうか迷っているから、そのタイミングで声けるといいかもよ!
お客さんは買う意思があるわけだしあと一声、決め手になることを言われたら買っちゃうかもね!
例えば「この商品は2wayで着れて、汗の吸収に優れた素材で作られてる商品なんですよ」とかね!
「雑誌で女優の〇〇さんが着用してくれて、すごく売れてますよ」とかね!
なんかそーゆーの聞くと、一気に購買意欲が高まる気がする!

アパレル販売員のアミ

あ!それいいね!お客さんがあまり知らない商品に関しての情報は出したほうがいいね!!
つい興味なかったらウザイかな?って思っちゃって当たり障りないこと喋っちゃったりするけど、これからは言ってみる!

子持ちのサトミ

あとさ、あたりをキョロキョロと見渡している時って大体、試着したくて店員さん探してる時だったりするよね。
そーゆー時も、すかさず「ご試着されてみますか?」と提案したら「この店員さん気がきくなぁ」って好印象抱いてくれるんじゃないかな?
たまに全然スルーしてる店員さんもいるし、店内をウロウロして店員さんを探さなきゃいけない時とかメンドクサイなぁって思っちゃうもん。
小さい子供連れてる時なんて、特にサクサク買い物を済ませたいから”かゆいところに手が届く店員さん”がいると「この店いいな」って思えるよ!

名前

うわぁ。本当勉強になるわー!二人ともありがとう。
私、お客さんを見てるようで全然見れてなかったんだなぁ。
洋服の知識があったり、センスがあるだけじゃダメだよね。
上司に言われるからって、やたらと声をかけてたけど、さり気なく様子をうかがいつつ”お客さんが今何を求めているのか”をしっかり把握してアプローチしないとだね!

子持ちのサトミ

そうだね!それなら店員さん側もウザイって顔されないで済むし、
お客さんも「この店員さんと話せてよかった」って思えて、お互いにいい気持ちでやりとりできそうだよね!

買い物大好きOLのユキ

ところでさぁ、買い物する時にたまに私「店員さんが着てる洋服と同じのが欲しいんですが」って言って買うことあるんだけど、その時に着てる洋服ってお店側から支給されるの?
どのシーズンに行っても、いつも新作着てていいなぁっていっつも思ってるんだよね。

アパレル販売員のアミ

あぁ!それは一般的には社員割引制度で自腹購入してるんだよー!
確かに、毎シーズンごとにブランドの新作が着れるメリットもあるんだけどね…。
でも社員割引制度っていっても一般的に3割~5割引きとかが多いから、そこまですごい激安でお得に買えるわけじゃないんだよね。
しかも、毎日同じ服を着るわけにも行かないから、複数枚買うでしょ?
そうなると結構、毎月お金がきつくて;

子持ちのサトミ

えーー!自腹なんだ!!しかも割引き率もそんな感じなの?!
じゃあ高いブランドに勤めてたら、その分給料が良くないと自腹代が増えて金欠状態になっちゃうね。

アパレル販売員のアミ

うんそーなの!だから、本当に自分が働くブランドが大好きで「どうしてもここで働きたい!!」って思えないと理想と現実のギャップで頑張れないかもしれないね。
よく「華やかだから」とか「新作が安く買えるから」とか「オシャレでモテそうだから」って理由でアルバイトで入ってくる子いるんだけどやっぱり続かないよね。

買い物大好きOLのユキ

へぇ~!そうなんだ~!なんかここまで聞くと、デメリットの方が多そうだけどメリットはあるの?

アパレル販売員のアミ

えっ!もちろんあるよ!だからこの仕事を長年続けてるんだよ!
まずねー、自分が進めたり、自分がコーディネートした服を気に入ってもらえてお客さんが購入してくれた時!
自分を認めてもらえたような気分になって凄く嬉しいんだ!
あとね、いろんな人と出会えることかな!接客してくうちに、定期的に来店してくれるようになるお客さんとかもいて「○○さんがいるから来たよー」って会いに来てくれたりするの。
貴重な時間を割いて会いに来てくれるのは、やっぱり素直に嬉しいって思う!
あとはやっぱり、自分の好きなブランドで働けて仕事を通じて常にオシャレな自分でいられるのもやりがいを感じるかな!
必然的に流行にも敏感になるし「いつもオシャレだねー」とか「センスあるよね」って言われると、この仕事してて良かったって思えるんだ!

買い物大好きOLのユキ

確かに、いつもアミってオシャレだよね。洗練されてる。私の友達で、一番流行を取り入れるの上手いなって思う。

子持ちのサトミ

私なんてアミの洋服とか持ち物みて、こっそり真似することもあるよ(笑)いま暴露しちゃったけど(笑)
やっぱりアミはアパレルの販売が好きなんだね!
色々大変なことも多そうだけど、これからも私たちのオシャレ番長でいてね!!(笑)

アパレル販売員のアミ

アハハ!二人ともありがとう!私頑張るね!

 

 

本記事についてのご感想をください。

[お名前]
[評価]
[コメント]※必須