カラーコーディネーターとは

「カラーコーディネーター」とは、様々な商品やデザインの色や配色を、提案する人を指します。
独学でも知識を学ぶことができますが、転職を有利にするなら「カラーコーディネーター検定試験」に合格すると、良い就職先に巡り合えるでしょう。

「カラーコーディネーター検定」は1~3級に分かれ、どの試験も100点中70点以上で合格となります。
3級では色についての基本知識が、2級では、カラーコーディネーとの歴史やより踏み込んだ知識が、1級では、ファッション色彩や、商品色彩、環境色彩といった、現場で役立つ知識を得ることが可能です。

どの試験も、「カラーコーディネーター」として活躍するために必要とされるため、1~3級すべての合格を目指すと良いでしょう。

興味を持ったら、まずは公式テキストを購入してみるのがオススメです。
試験はテキストの内容と、それを応用した問題が出題されるため、大体の傾向を知ることができますよ。

2~3級は年2回、1級は年2回試験が行われていますので、タイミングを逃さず申し込むようにしましょう。
全国様々な年で検定が実施されていますので、気軽に挑戦しやすい資格でもあります。

この資格で活躍できる仕事とは

勉強するだけで、毎日のファッションやインテリア選びに役立てることができる「カラーコーディネーター検定」 それでは実際、どのようなジャンルの職場で求められるのでしょうか?

「カラーコーディネーター」として、女性が活躍できる職場と言えば、何といってもファッション関係です。
自分のセンスで店舗やマネキンをコーディネートしたり、配色の良い商品を提案したりと、お店にとってなくてはならない存在になれるでしょう。

ファッション関係だけでなく、接客業であれば必ず必要なお店の内装やディスプレイなどを選ぶ場合も、「カラーコーディネーター」の存在は重要です。
企業で働くのではなく、「カラーコーディネーター」として独立している女性も多いですよ。

パソコンを使う仕事が好き、という場合は雑誌やテレビ、ホームページのデザイン関係で、「カラーコーディネーター」の知識を大いに役立てることができます。

さらに「カラーコーディネーター」の知識を深め、認定講師になれば、自分が「カラーコーディネート」を教える側に立つことも可能!
講師の立場になることで、顧客との信頼関係を深めたり、公共事業に携わったりするチャンスもあるため、積極的にチャレンジしたいですね。