適度な距離を取りながら接客を行う能力が必要

アパレルショップの店員に求められる能力の一つに、コミュニケーション能力があります。
接客業ですから当然必要となる能力です。 そのブランドが好きなだけでショップ店員が務まるわけもなく、ショップ店員は、あくまでもお客さんと接しながらその商品の魅力をアピールし、お客さんに購入してもらうことが最も重要な仕事であると認識しておきましょう。

ただし、お客さんに見境なくコミュニケーションを取ればいいというものでもありません。
店員に声をかけられることを嫌がるお客さんも少なくはないのです。

そもそもコミュニケーション能力とはそういうもの。
つまり、声をかけられることを望んでいる、店員に相談したいと思っているお客さんには積極的に話しかけ、そうではないお客さんとは適度な距離を取りながら接客を行う能力が求められるのです。
その判別ができる人こそ、高いコミュニケーション能力を持っていると言えるでしょう。

声をかけるタイミングも重要です。
お店に入ってきた途端に声をかけるのか、それとも、商品を手にしたら声をかけるのか、迷っているそぶりを見せたら声をかけるのか、そのタイミングや判断が、お客さんが商品を買うか買わないかといった決断にまで影響を及ぼすものと思っておくことが大切。

しかし、この声をかけるタイミングを意識しすぎてしまうと不自然な目線や動きになってしまうため、自然に振る舞いながらこのタイミングを図る能力も求められます。

画像出典元:https://www.t-w-c.net/topics/detail/?id=3

クレーム対応が上手にできるかも重要

ショップ店員として働くと必ずと言っていいほど遭遇するのがクレーマー。
クレーム対応が上手にできるかどうかも、ショップ店員に求められる重要な能力です。

中には店側や店員側、あるいは商品に全く非がないにもかかわらずクレームを言ってくるお客さんもいます。
クレーム対応がうまくできなければ火に油を注ぎ、事態はさらに悪化してしまうでしょう。
いかに冷静にクレーム内容を把握し、いかに適切に対処するかが求められるのです。

クレーム対応も、もちろんコミュニケーションの一つ。
お客さんとの接し方によって、お店の売り上げもショップ店員としてのキャリアも変わっていくと思っておくべきです。

そして、これから求人情報をチェックして応募することを検討している人も、ただファッションやブランドが好きだという気持ちだけではなく、お客さんと本気で向き合う覚悟があるかどうかも考えながら、次のステップへと進むよう心がけなければいけません。